やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車検切れの車はレッカーで移動させることが出来るのか?

基礎知識
レッカー移動

車検切れの車はレッカーで移動させられません。

車検切れの車をレッカー車で牽引するのは、道路運送車両法違反である「無車検車走行」として、6点の違反点数と30日間の免許停止処分あるいは、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金という重い罰が課せられます車検切れの車を移動させるには、キャリアカーか、仮ナンバーを発行する必要があります。

仮ナンバーを発行するためには、市区町村役場で手続きを行う必要があります。

車検切れの車はレッカー車で移動できない

原則として、車検切れの車をレッカー車で移動させることはできません。

車検切れの車で公道を走行するのは、道路運送車両法違反に当たるからです。

一見、レッカー移動であれば法律に何ら抵触しないように見えるかもしれません。

しかし、レッカー車で牽引を行う場合、後部の車輪が車道に接してしまい、これが「走行」とみなされてしまうため、道路運送車両法違反となるのです。

車検切れの車をレッカー車で牽引するのは、道路運送車両法違反である「無車検車走行」に相当し、6点の違反点数と30日間の免許停止処分あるいは、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金という重い罰が課せられます。

車検切れの車を移動させる方法は「キャリアカーで移動」か「仮ナンバーの発行」

車検切れの車を移動させるためには「キャリアカーで移動させる」か、「仮ナンバーを発行する」必要があります。

キャリアカー(積載車)で車検切れの車を移動させる場合は、レッカー車とは異なりトラックに積載するため、道路に車輪が接することはありません。よって、公道を「走行」しているとはみなされず、道路運送車両法に抵触しません。

仮ナンバーを発行すれば、車検切れの車でも一時的に公道を走行できるようになります。ただし、発行といっても貸与されるものであり、有効期限(3日程度)後は、速やかに仮ナンバーを返却しなければいけません。

キャリアカーで移動させる

車検切れの車をキャリアカーで移動させる場合は、ロードサービス会社に依頼して整備工場や納品場所まで移動させるか、引取納車に対応している業者に依頼する必要があります。

引取納車というのは、業者が引き取りに来てくれることです。車検切れでも対応してくれる業者があるので、事前に業者に相談しましょう。

中古車売却や車検切れの車検を行う場合、引取納車だと運送の手数料がかかりますが、仮ナンバーを取得する時間がない場合は、積極的に活用するとよいでしょう。

仮ナンバー発行の手続き

仮ナンバーを発行するためには、市区町村役場で手続きを行う必要があります。

しかし、注意点が一つあり、仮ナンバーを発行するためには、自賠責保険に加入している必要があるということです。

車検の有効期限から1ヶ月後が自賠責保険の有効期限となっていることが多いため、長期間にわたって車検切れの車を移動させる場合には、自賠責保険に再加入してから仮ナンバーの発行手続きを行わなければなりません。

仮ナンバーの発行手続きに必要な書類は、車検証、自賠責保険証、運転免許証、印鑑、仮ナンバー手数料(750円程度)です。

「自動車臨時運行許可申請書」を記載し、上述の書類を市区町村役場の窓口に提出することで、仮ナンバーが発行されます。

また、仮ナンバーはあくまでも「臨時運行許可」であり、申請時に通行する経路を申告する必要があります。車検場まで車を運転する際には寄り道をせず、使用後はすみやかにナンバープレートを返却するようにしましょう。

TOPへ
予約