やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車検費用をクレジットカード払いする際の注意点

基礎知識
クレジット払い

車検費用の内訳を理解しよう

車検を受けるにあたって、大きく2種類の料金を負担する必要があります。

それは法定費用と整備料金の2種類です。

法定費用はディーラーや整備工場など、どこにお願いしても料金は同じです。

また、車両重量税と自賠責保険料、印紙代があります。

重量税は、車両の重量によって決まる税金のことです。

ちなみにエコカー減税対象の車の場合、通常よりも税額が安くなります。

自分の愛車の場合、どのくらいかかるか事前に調べておくと良いでしょう。

自賠責保険とは、公道を運転するにあたって、絶対に加入しなければならない強制保険です。

ほかの保険同様、保険料を支払わなくてはなりません。

自賠責保険料は、軽自動車や普通自動車によって金額は多少異なります。

自動車重量税と自賠責保険料は、次の車検までの2年間の費用をまとめて納めることになります。

印紙代については車種に関係なく一律です。

一方、整備料金とは、いわゆる検査費用のことです。

こちらはどこに車検を依頼するかによって料金に幅があります。

広範囲にわたって項目のチェックを行い、整備なども込みになるディーラーの場合、費用も高くなりがちです。

ユーザー車検といって、必要最低限の検査を自分で通すスタイルであれば、費用自体は安くなります。

車検業者に依頼した場合でも、自分で車を店舗に持ち込むのではなくスタッフに引き取りに来てもらうのであれば、引取料や納車料が発生することもあります。

見積書を見て、どのような費用がかかっているかを確認しておくことが大切です。

最近では、車検にかかる費用をクレジットカード払いすることも可能となってきていますが、その際にいくつか注意すべき点もあるので留意しておきましょう。

クレジットカード払いができるのは一部の可能性もある

車検の費用ですが、クレジットカード払いができるのは整備料金だけというところがあるので注意が必要です。

もう一方の法定費用については、基本的に現金にて支払う必要がありますので、整備料金をクレジットカード払いしたとしても、多少の現金支払いが発生することになります。

ただし支払いに関する取り扱いについては、店舗によって異なります。

できることならクレジットカードを使いたいと思っている場合は、前もって電話などで問い合わせをしておくようにしましょう。

全国に展開しているようなディーラーやカー用品販売店であれば、クレジットカード払いに対応しているケースが多いです。

またディーラーの中には、法定費用も含めた全額に対応しているところも見られます。

ただし、中には自社で発行しているクレジットカードによる支払いしか認めていないところもあります。

もし心配であれば、手持ちのもので支払い可能かどうか調べておきましょう。

カー用品店や車検専門業者の中でも全国にチェーン展開しているような大手のところだと、法定費用も含めた全額がクレジットカード払いに対応しているところも見られます。

法定費用に関しては数パーセントの手数料が必要になることもありますが、整備料金について割安で行ってくれる業者が多いため、手数料がかかっても割安になるケースが多いです。

このようにどこに車検に出すかによって、応対にばらつきがあります。

中小の整備工場などの場合、一切対応していないところもあり、法定費用と整備料金の両方がすべて現金一括というケースも珍しくありません。

クレジットカード払いでポイントがたまる

クレジットカードはさまざまな会社から発行されているため、数多くの種類がありますが、使用金額によりポイントを付与されるものがほとんどです。

車検の費用をクレジットカード払いした場合も同様で、キャッシュバックポイントがたまります。

しかも、車検費用は高額のサービスになりやすく、どこにお願いするかによっても異なりますが、少なくても数万円はかかります。

車の状態や店舗によっては10万円以上かかることもあるので、これをクレジットカード払いにすれば、まとまったポイントがもらえます。

クレジットカードを所有している方の中には、複数枚を持っているという方も多くいます。

その場合には還元率の高いもので支払いをするのがおすすめです。

より効率的にポイントをゲットすることができます。

また、カード会社によってはキャンペーンを実施していることもあるので、キャンペーン期間中に車検を出せば、ボーナスポイントも獲得できる可能性があります。

このようなサービスなども最大限利用して、お得に車検を行いましょう。

ほかのお店でショッピングするのと同様で、分割払いを選択することも可能です。

もし一度に費用を捻出するのは厳しいというのであれば、分割払いを利用するのも良い方法です。

ただし分割払いにすると支払手数料が別途かかってしまい、トータルの支払額は一括と比較して大きくなります。

一括で支払えるのであれば、手数料がかからないのでお得です。

TOPへ
予約