やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車検を受ける場所による違いとは?
基礎知識

ユーザー車検の場合は法定費用部分だけでOK。でも。
車検を自分でやってしまおうというユーザー車検であれば整備等は自身で行うので費用は「法定費用」の部分だけでOKになります。ですので費用面ではユーザー車検が一番安くなるということになります。でも車検に通る状態の整備ができていることが条件になります。「ユーザー車検」は点検や整備の知識が必要なので一般的には車検専門業者に依頼する人がほとんどです。

車検費用の相場どのくらいになるのか?

これは車種にもよって、一般的に「法定費用」が決まっていますが、「車検基本料」は依頼する店舗や整備内容等によって金額が異なります。車検を受ける場所も費用を抑えたい場合は重要です。そこで、車検を受けられる場所と必要となるおおまかな費用と特徴をご紹介します。

ディーラー車検
車検費用:【法定費用+4万~10万円程度】
ある特定の自社自動車メーカーのみを扱うディーラーで受ける車検のこと。高い専門性と技術を
持ち、さらに部品供給も充実していますが、料金が高めになっています。
車検専門店での車検
車検費用:【法定費用+2万~8万円程度】
名前の通り、車検を受けることを営業目的とした店舗でその道のプロが行う車検です。専門ということもあって技術力が高く、料金も抑えることができます。
民間整備工場での車検
車検費用:【法定費用+2,5万~8万円程度】
地域密着型で融通が利きやすく、さまざまな車検や整備に対応してくれることが多いです。
工場によっては設備やスキルのばらつきがあることもあります。
ガソリンスタンド車検
車検費用:【法定費用+2万~6万円程度】
料金が安く、かつよく行くスタンドなどで気軽に車検を依頼できます。
ユーザー車検
【法定費用のみ】
いちばん費用を安く済ますことができますが、自分自身で車の状態を理解しすべて自己責任で行うため、上級者向けとなっています。

上記の表はもちろん目安ですので、ご自身の車検の予算とライフスタイルや車の知識などを合わせてよりよい業者に車検を申し込んだり、見積もりを取ってみましょう。

TOPへ
予約