やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

軽自動車にかかる車検費用が安い理由とは?

基礎知識
軽自動車の車検

車を所持している人にとって、定期的に悩みの種になってくるのが車検です。

車は手放したくないけれど、毎回近くなると車検費用を捻出するのに頭を痛めている方も多いです。

また、維持費や車検費用が安いという理由で軽自動車を選んだ方もいるでしょう。

ドライバーにとっては切っても切れない関係である車検ですが、具体的にどのようなものなのでしょうか。

ここでは、車検が必要である理由とい軽自動車の車検費用が安い理由についてご紹介いたします。

車検が必要である理由

車検とは、正式名称を自動車検査登録制度と言い、状況に応じて3つの種類に分類されます。

新しい車の納品や、一度廃車にして登録を抹消した車を再度登録する際に受けるのが新規検査です。

こちらはほとんどの場合、自動車を購入した店舗で手続きを行うのであまり馴染みがない方が多いでしょう。

自動車の車体を大きく改造したり乗車定員を増やしたりした際に必要になる検査が構造等変更検査です。

車の見た目を自分好みにカスタマイズしたいと考えている方や、介護や福祉などの目的で改造する場合にこのような検査が必要になります。

そして、私たちに最も身近な車検が継続検査と呼ばれるものです。新車は3年、それ以降は2年ごとに継続検査を受ける必要があります。一般的に使用される車検とは、この継続検査のことを指しています。

車検は、自動車が公道を走るのに安全性があるか国の基準によって行われる検査になります。

そのため、車検費用が高いからと有効期限の切れた車で公道を走ることは道路運送車両法という法律に違反することになります。

違反してしまうと6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金といった重い罰を受けるだけでなく、さらに違反点数6点で免許停止30日も加わります。

軽自動車の車検費用はなぜ普通車よりもかからないのか ?

日本では車を購入する際に、駐車スペースや維持費のほか、車検費用が普通自動車などよりもかからない理由から軽自動車を選ぶ方もいます。

これには理由があり、車両の重さに応じてかかる重量税が普通車よりも安いためです。車検費用は法定費用と呼ばれる諸費用と整備料が合わさっています。

重量税は自賠責保険の保険料、印紙代と共に法定費用の中に含まれています。

軽自動車にかかる重量税は数千円台とそれほど高くありませんが、一般乗用タイプ、大型車になると費用が高くなります。

これらのように車検費用が一番少ないことが、軽自動車を購入する人が多い理由の一つです。

車を購入や維持するときには、維持費や保険料も含めたコストを確認するようにしましょう。

そのほか、自賠責保険の費用と印紙代も少しずつ差があり、やはり軽自動車の方がかからないように設定されています。

トータルで見ると、法定費用の金額だけでも軽自動車とそのほかの車では車両の重さによってかなりの差が出てきます。

車を購入するときの一つの基準として覚えておくとよいです。

また、これにあわせて車検では車検基本料がかかります。

車検では2年に一度必要になる24ヶ月定期点検も同時に行います。車検基本料はこの24ヶ月定期点検の費用と、測定検査料という検査自体にかかる費用、車検を行う代行業者に支払う車検代行手数料などが含まれます。

点検の際に必要な整備箇所が見つかった場合、さらにそれらの追加整備費用も発生します

車検はどんなところに頼んだらいいのか ?

頻繁に訪れる車検費用をなるべく安く済ませたいと考えている方は多いでしょう。車検の期限が切れた状態のまま走行すると違反行為となってしまうため、どうしても避けて通ることはできません。

軽自動車であれば法定費用の部分である程度安く済ませることができますが、それ以外の部分は依頼するところによって大きく変わってきます。

車検は新しい車を購入したディーラーで行う方法のほかに、車検専門店や自動車用品を扱っているショップでも行うことができます。

近所や知り合いに地域密着型の民間整備工場を構えているところがあれば、そちらでも可能です。しかし、どこで頼む場合にもメリットとデメリットがあるため、それを念頭に置いておきましょう。

例えば、ディーラーに車検を頼むと、その車のことを熟知したプロが点検をしてくれたり、通常の車検よりも細かい部分までチェックしてもらえたりします。

しかし、費用がほかの業者に頼むより割高になる、車検の期間が長めのところが多いといったデメリットがあります。

安く早く済ませたい方には、車検を代行している業者に頼む方法もあります。代行の場合、その業者が点検や整備をするわけではなく、ユーザーに代わって検査協会に持ち込みを行うというものです。

安い、早いメリットはありますが、代行業者では整備や点検を行っていない点がデメリットになります。

車検を専門に行っている車検業者であれば、車を預ける期間も短く、当日に仕上がることも多いです。余分な清掃などを行わず、必要な整備だけを施してくれる点も人気の理由です。自分に合ったところを探して依頼しましょう。

TOPへ
予約