やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車検費用の内訳は?
基礎知識

車検費用は「車検基本料」と「法定費用」の大きく2つに分けることができます。法定費用は法律によって定められた費用であり、依頼する業者によって金額が変動することはありません。対して、車検基本料は実作業を行う業者が自由に設定できますのでここに車検費用の差が出てきます。

「車検基本料」とは支払先は実作業を行う業者に対して支払いを行う費用です。

24ヶ月点検整備
法定24ヶ月点検は、実施が義務付けられています。車が故障してしまうのを未然に防ぐための定期的な点検を目的としており、エンジンやブレーキなど、それぞれに決められた56項目の検査を行います。
検査代
整備すべき箇所を調べ、定められた点検項目に沿って点検をする際の「検査代」
代行手数料
所有者の代わりに検査場まで車を持っていき車検を通す「代行手数料」

「法定費用」とは国や保険会社に対して支払いを行う費用です。こちらはどこの業者で車検を受けても一定額の費用が発生します。

重量税
所有している車の重量によって額が変わる「自動車重量税」
自賠責保険料
台の車につき必ず加入が義務づけられている「自賠責保険料」
印紙代
審査や車検適合証を発行する際の手数料として「印紙代」

「部品交換費用」は実際の作業時に部品交換などが発生した際に別途かかる費用です。こちらも業者によって金額が異なります。

不具合などがあれば車検に通りません。なので、検査に合格するための部品交換や整備をする整備技術料金および部品・消耗品代また付帯するサービス料金が含まれる場合もあります。

(劣化したエンジンオイルやタイヤなどの消耗品の交換によって追加費用が必要になる場合があります。お車の状態によっては、交換が必要な部品や消耗品の価格も異なっているため、全体的な費用が異なってくるのですね。)

TOPへ
予約