やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車種によって車検の値段が違うのはなぜなのか?

基礎知識
車検の値段

車検=車が公道を走行するために必要な検査

車はどこへ出掛けるにも便利な道具ではあります。

しかし、車本体を購入するためだけでなく車検などの所費用が発生することが理由で、車を持つことをためらったり、車種によって車検の値段が異なってくることから費用をどうにかして抑えたいと考えたりする方もいます。

自動車を所有すると、必ず自動車車検証がついてきます。

これには有効期限があり、決められた期間ごとに自動車の点検を行わなければいけません。

新規検査、継続検査、構造等変更検査の3種類があり、有効な自動車検査証の交付がなければ法律に違反してしまうことになります。

新規検査に該当するものは、新車や一度登録を抹消した車です。

自動車が公道を走るにはナンバープレートが必要であり、新規検査では、新車でまだナンバープレートが交付されていない車や登録を抹消してナンバープレートを外された車が安全に公道を走れるかを確認します。

構造等変更検査は自動車の長さや高さなどを変更、改造した際に行われます。

車の検査に関しては法律の決まりがあり、ユーザー車検のように自分で必要な修理を行い手間をかけて金額の負担を小さくする方法のほか、専門業者によって対応してもらう方法など、選択できる方法や金額的な負担が異なっています。

また、故障箇所の対応や車検の対応費用も業者によって違うため、事前にどの程度の対応が必要なのか見積もりなども含めて確認をしておくと良いでしょう。

安全で快適な運転をするためにも車のことはしっかり確認をしておくと間違いありません。

料金は車種によって大きく違ってくる

車には軽自動車から運送用のトラック、特殊な車両などさまざまな種類があります。

日常での使いやすさや用途によってどんな車種にするか決める方が多いですが、車を選ぶ際に燃費などの諸費用に加えて車検にかかる料金で決めるという方もいます。

車種によってその値段は大きく異なるため、これから車の購入を考えている方はそのようなことも念頭に置いて車種を選ぶことが大切です。

重量税は車両重量によって分類され、車検の費用総額も変わってきます。

日本で人気の高い軽自動車は、車の大きさ自体がコンパクトで場所を取りにくい、維持費が他と比べて安く収まるというだけでなく、重量が軽いため車検費用が少し安くなるというメリットがあります。

法定費用でかかる重量税だけを見ると値段は数千円台とそれほど高くありませんが、1.0t以下のコンパクトカーでは重量税が1万円近く違うこともあります。

また、同じ車種であっても1.0t未満のベースグレードで設計、1.0tを超えるミドルグレード以上と重さが異なることがあります。

1.0tを超えると重量税も大幅に増えるため購入する際には注意しましょう。

中型乗用車は1.5tまで、2.0tまでの2段階で重量税が異なります。

大型乗用車は2.5tまで4万円強の重量税が課せられます。

車検料の中でも車種による違いが大きいのが重量税の値段ですが、実際にはそれに加えて自賠責保険、印紙代といった法定費用、さらに24カ月法定点検、検査代行料などのほか、エンジンオイルや部品交換などを行えばそれらの部品代に工賃も加算されます。

車種によって、諸経費の負担や固定で発生する費用がずいぶんと違いますので、その点を考慮して維持費のことを考えながら車を選ぶようにすることをおすすめします。

費用をできるだけ安くしたいなら車検を依頼するところも考える

車検は車種によりますが、一般的に新車を購入したら3年目、その後は2年ごとに行わなければいけません。

最初の点検時では大きなトラブルもなく状態が良くても、回数を重ねる度に摩耗や走行距離に応じて部品の交換が必要になることが増えていき、部品交換をすればするほど値段は高くなっていきます。

長く乗った車ほど愛着もわくものなので、車のことを考えると車検の時期の前に、もし故障や修繕が疑われる箇所があるのであれば、早めに対応をすることが長く使い続けられるポイントです。

継続して乗りたいので車検にかかる費用自体を抑えたいという方は、依頼する業者を厳選することも大切です。

購入したディーラーであればその車に詳しいプロの整備士がしっかりと点検してくれて、部品の供給も十分にあるという安心感がありますが、割高になってしまうことが多くあります。

地域密着型の民間整備工場は、整備士との信頼関係が重要です。

安価にしているところもありますが、価格や技術面については本当に信頼できるところを見つけましょう。

検査のプロという点では専門のフランチャイズ店なら安価で行ってくれるというメリットがあります。

車検前に事前点検を行い、どれだけの整備が必要かを調べたうえで細かい見積もりを出してもらえます。

あとは今後のメンテナンスについてのアドバイスもしてもらえます。

費用が明瞭に分かるので安心して依頼することができます。

自分の車にとってどこで受けるのがベストなのか、時間に余裕のあるうちから検討しておきましょう。

TOPへ
予約