やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車検ローンの種類や審査基準

基礎知識
ローンのメリット

車検費用とその支払い方法

車検に必要な費用は大きく法定費用と整備、サービス料に分けられます。

法定費用は、重量税と自賠責保険料、印紙代があり、どの業者に頼んでも同額です。

整備、サービス料には車検整備基本料金や各種点検整備費用、部品や消耗品代などで、それぞれの業者によって金額が異なります。

法定費用は軽自動車、小型乗用車、大型乗用車など、排気量によって決められています。

車検では法定費用と整備、サービス料の合計額を支払いますが、一般的にカーディーラーが最も高く、大手中古車販売店、民間整備工場が続きます。

自分自身が陸運局に持ち込むユーザー車検なら法定費用と用紙代のみで済みますが、自分で点検、整備を行う必要があるので知識や経験のない方には難しいです。

車検費用の支払いには車検ローンもあり、信販会社の車検ローン、クレジットカードを利用することができます。

またはカードローンも原則、事業資金以外は自由に利用できるので車検費用を支払うことが可能です。

新車の初回車検以外、基本的に車検は2年に1回行う必要があり、最低でも数万円、車種や車両の状態によっては20万円前後になることもあるので、まとまった資金を準備しなくてはなりません。

資金が用意できないときは車検ローンによる分割払いや、クレジットカードが使えます。

クレジットカードは一括払いでも分割払いでも選択できるというメリットがあります。

ただし、車検費用を支払う際に限度額まで使っていれば、分割払いはできないというデメリットもありますので注意が必要です。

2種類の車検ローンのメリットとデメリット

マイカーローンは車の購入だけでなく、修理や車検費用にも使用できることがほとんどです。

車検ローンは車検専用というわけではなく、マイカーローンを使用することになります。

車検ローンには銀行や信用金庫などが扱っている金融機関のマイカーローン、車検の依頼先で申し込む信販会社のマイカーローンがあります。

金融機関の場合は返済額が毎月口座から引き落とされるので、ローンを申し込む金融機関に口座を持っていることが前提になります。

低金利であることがメリットですが、マイカーローンは融資枠となるので審査基準が厳しく、申し込みを代行できないため自ら行わなければなりません。

金利は抑えられますが、手続きと審査に手間がかかるところがデメリットです。

信販会社の場合は信販会社が車検費用を一括して支払い、利用者が指定額を月払いで返済していくシステムです。

金融機関と同じく審査はありますが、自動車メーカーと提携している信販会社であれば、審査手続きも一緒に行ってくれるケースがあります。

また、金融機関よりマイカーローンの審査が通りやすいというメリットもあります。

一方で高金利であるため、ローン支払い総額で比べると割高になるのがデメリットです。

なるべく車検費用を抑えたい方には向いていません。

店舗が提携している信販会社のマイカーローンは、車検費用をすべて負担できることが多いですが、中には法定費用のみとか、逆に法定費用は現金で支払うというケースも考えられるので確認が必要です。

車検費用の支払いはマイカーローンだけでなく、消費者金融のカードローンを利用することも可能です。

審査が緩く即日融資も可能ですが、金利が高いので返済が厳しくなる恐れがあります。

車検ローンの審査基準

他のローンと同じく車検ローンを申し込む際には審査があります。

申し込めば必ずローンが組めるのではなく、最後まで返済できる見込みがあると判断されなければ認められません。

金融機関系か信販系かによって審査基準は変わってきますが、共通する基本的な審査基準が3つあります。

1つ目は他社から借り入れを行っていないことです。

複数の金融機関から借り入れをしているとそれだけ資金運用力を疑問視され、返済能力を不安視されます。

借入先が多ければ多いほど信用がなくなり、審査に通らない可能性が高いです。

2つ目は一定の安定収入があることです。

勤労世帯であれば毎月安定した収入がありますが、失業中だったり給与収入が低すぎたりすると審査に通らない可能性があります。

現在は収入が高くても、安定した仕事でなければ審査が厳しくなります。

会社や役所に勤めるサラリーマンであれば特に問題はありませんが、自営業やフリーランスの場合は車検ローンの審査に通らないことがあります。

3つ目は過去の借り入れで延滞がないことです。

現在だけでなく過去の借り入れ状況も審査基準になるので、以前に支払い延滞があった場合は注意が必要です。

信販会社などのブラックリストに載っていると審査に引っかかります。

これらの審査基準に適合せず、車検ローンが組めない場合は用途に制限がない、フリーローンを利用する方法があります。

主に銀行が扱っている個人向けサービスで、限度額の範囲内であれば目的を問わないので、車検費用に利用することが可能です。

車検ローンは審査基準が厳しいデメリットがありますが、フリーローンなら審査が比較的緩いというメリットがあります。

TOPへ
予約