やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車検と車のメンテナンスに関する情報

基礎知識
メンテナンス

車の状態をチェックして良好に保つ意味と方法について

自動車のドライバーは、自分の所持している車のコンディションを定期的にチェックして良好に維持する必要があります。

こちらの検査やメンテナンスを怠ると交通事故を引き起こすリスクが高まり、自分の車や他の人の車、周囲の建造物などを損傷してしまうだけではなく、自分や家族などの生命を危険にさらすリスクも生じてきます。

車の検査と言えば、車検のことを思い浮かべる方が多いでしょう。

こちらは定期的に受検することが法律で義務付けられており、未受検の車では公道を走行することができません。

つまり、公道を走行する資格を得るために必要な検査ということです。

検査ではさまざまな項目においてチェックが行われますが、あくまでも受検した時点でのコンディションや動作を確認します。

そのため、基本的には不備があれば部品の交換を行うものの、基準を満たしていれば検査に合格することは可能です。

交換するかどうかは持ち主の意思によって決められますが、部品が摩耗してしまって不具合が発生することが無いよう、車検の際に交換をしないのであれば自身で状況をきちんと把握しておき、必要なメンテナンスを行いましょう。

昨今では、車検を格安料金で請け負う業者やユーザー自身で行う事例も登場し、検査費用を低く抑えることを最重要視する人も増えてきていますが、コンディションを保つことを考慮すると、検査に合格するだけで良いという考え方で行動するとそれなりのリスクが発生することとなるので、注意する必要があります。

メンテナンスを兼ねて車検を受けるのがおすすめの方法

新車や年式の新しい車を使用している場合や作業品質の高い車検業者を利用している場合には、定期的に車検を業者に任せ、あとは故障などが起きない限り放置するという方法でも大きな問題は発生しないかも知れません。

しかしながら、車の度重なる使用や長い年月の経過によって劣化や損傷が進んでいる場合や、事務的なサービスしか提供しない業者を利用している場合、メンテナンスの不足による車両寿命の短縮や修理費の増額といった問題が起こるリスクも生じてきます。

車検は、定められた基準にそのとき適合しているかどうかを判断するものであるため、この検査に合格するだけで車検を終えたあとにも安全に走行できるとは限りません。

しかし、24カ月点検では部品の摩耗がどの程度進行しているかをチェックしてもらえます。

したがって、車の現在の状態を確認して公道の走行資格を得るだけではなく、未来の故障や事故も防止するためには、義務である24カ月点検も忘れずに受ける必要性があり、本当の意味でメンテナンスをするためには、車検と24カ月点検をセットにして捉える必要があります。

次に、車のメンテナンスを兼ねて車検を受けるにあたっては、利用する業者や手続き、作業の方法にも気を配ることが大切です。

車検業界には、ディーラーや整備工場をはじめとして格安料金の業者に至るまで、多くの企業が参入しているので、選択肢が多い反面判断の難しさも生じています。

ユーザー自身が車を検査、メンテナンスした上で検査場に持ち込む方法も登場していますが、車の機能は年々多機能化しているため、きちんと業者に依頼する方が確実です。

車検に関わるパーツのメンテナンス時期

1台の車には、ネジの細かなパーツも入れると約3万個使用されています。

車は動かせば動かすほどパーツが劣化したり、損傷したりします。

車のパーツが摩耗した際は交換が必要ですが、交換する時期を正しく判断しなくてはいけません。

パーツごとに交換する時期を把握していれば、取り返しのつかない破損や事故から守れます。

早めのメンテナンスは、車検代のコストダウンにもつながります。

車検でも点検されるタイヤは、どれだけ擦り減っているかが交換の目安となります。

タイヤの一番擦り減っている溝が1.6mm以下の場合や、ヒビが入っているときは交換の合図です。

フロントガラスもヒビや割れがあれば交換のサインとなります。

フロントガラスはその他の車のパーツより傷つきやすいため、こまめにチェックするようにしましょう。

フロントガラスは曇りをなくすために、まめに拭いておくと、ヒビや割れをチェックしやすくなります。

ガラスを傷つけにくい専用の布で拭くと安心です。

水分や油分を吸収するフロントガラス専用の布も販売されています。

ヘッドライトは、まったく光らなくなったときや、光が弱くなったときの交換が目安です。

ヘッドライトは白い光ですが、レンズが汚れている場合は、光が黄色く見えます。

球を入れ替えていないのに黄色い光が出た際は、ヘッドライトの交換時期となります。

交換部品を中古か新品から選べる業者は、予算に応じてメンテナンスしやすいでしょう。

こまめなメンテナンスは面倒に感じるという人も多くいますが、大きな事故を防ぎ車検代を安くすることを考えれば、早めにやって損はありません。

TOPへ
予約