やさしい車検無料電話予約 WEB予約は24時間受付中

車検の基礎知識

車検証を紛失した場合の再発行はどうすればいいのか?

基礎知識
車検証の再発行

自動車を所持すると定期的に行わなければならないのが車検です。

中には車検証をどこに入れたのか忘れてしまい、慌てて探したことがある方もいるでしょう。

自動車で公道を走る際には必ず車検証を積んでおかなければならず、重要なものですが、普段から意識して乗る度にチェックしているという方は少ないものです。

ここでは車検証をなくしたしまった場合の再発行についてご紹介いたします。

車検証はなぜ大切なものなのか

車検証は正式名称を自動車検査証と呼び、その車の持ち主であることを公証したり、自動車が保安基準に適合していることを示したりする文書です。

これには自動車のナンバープレートや登録年月日、普通自動車や軽自動車などの自動車の種別、メーカー名、車が固有に持っている車体番号などが書いてあります。いわば、自動車の身分証明書とも言えるほど大切なものです。

もしも不携帯のまま車を運転してしまうと道路運送車両法という法律に違反することとなり、場合によっては50万円の罰金が科されてしまうこともあります。

自動車をディーラーから購入した際や整備を行った際などに、車検証をしまう場所として固定の位置に収納しておくようアドバイスをしてもらえる場合もありますが、しばらく確認していないという方は今一度確認してみるのがおすすめです。

車検の前に慌てて探さなくてもいいように、余裕のある時に場所を確認しておきましょう。

万が一紛失してしまったという時でも、手続きをすれば再発行をしてもらうことが可能です。

ただし、不携帯の状態で自動車を運転するのは違法になるため、再発行の手続きに向かう時でも運転をすることは避けましょう。

自分で手続きをしている時間がないという時には、購入したディーラーや車屋さんに代理で手続きをお願いすることもできます。

軽自動車の車検証は再発行できるのか ?

車検証を紛失あるいは汚してしまい再発行してもらう時、軽自動車と普通自動車では手続きの方法が異なってきます。

軽自動車の車検証を再発行するためには、所持している自動車のナンバープレートを管理し扱っている軽自動車検査協会に申請をしなくてはなりません。

軽自動車検査協会には事務所や支所などいくつか手続きできる場所があるため、自分のナンバープレートを管理しているところに行きましょう。受付は平日のみになります。

本人が手続きする時には運転免許証やパスポートなどの身分証明書、再交付申請書、認印、汚損した時に原本があればそちらも持って行きましょう。

代理人に頼む際には代理人の身分証明書と車検証に書かれている利用者の押印をした再交付申請書が必要です。ディーラーに頼む時も押印した再交付申請書を準備する必要があります。

本人や代理人が再発行を行う際は、手数料が発生することも忘れないようにしましょう。ディーラーに頼む時は手数料に加えて手間賃が発生します。

距離や時間などにもよりますが、軽自動車の場合は手続きできる場所が普通自動車よりも多いため、手間賃は普通自動車と比べるとやや安いこともあります。

再発行自体は低予算で済ませられますが、ディーラーを通すとどうしても高額出費になりがちです。

しかし再発行された車検証は郵送での送付は行っていないため、自分で取りに行くことも難しい時にはディーラーにお願いすると、郵送で送ってもらえる場合もあります。どのような対応が可能か相談してから頼むとよいでしょう。

普通自動車の車検証を再発行する方法

普通自動車の車検証を再発行する際、ナンバープレートを管理している陸運局に申請をする必要があります。

例えば、ナンバーが横浜であれば横浜の陸運局でしか手続きができません。陸運局も受付は平日のみなので、平日には仕事があるという場合には、あらかじめスケジュール調整をしておくか、代理手続きを利用するようにしましょう。

手続きをする際には、再交付申請書を受け取り、収入印紙を購入します。再交付申請書は、陸運局に行くと無料でもらえます。

そして、それを手数料納付書に貼り、書類一式をまとめて窓口へ提出すれば、新しい車検証が交付されます。地域によって若干の違いはありますが、不備がなければその日のうちに交付が完了します。

本人が手続きをする場合は軽自動車の申請と同様に、持って行く書類として身分証明書や再交付申請書、手数料納付書があります。

また、汚損の場合は手元に残っていれば車検証の原本、紛失や盗難などで原本が手元にない場合にはその理由が書かれた理由書も要ります。

代理人やディーラーが手続きを行う時には依頼者の押印がある委任状も必要となります。

家族などの代理人に頼む場合には再交付にかかるコストは印紙代のみで済みます。

ディーラーに頼む場合は手間賃として3,000円から5,000円程度は準備しておくとよいです。

車検証の再発行は莫大なコストや時間がかかるイメージを持たれがちですが、平日という時間の制約さえクリアできれば意外とコストもかからず、スムーズに発行してもらえます。もし紛失や盗難にあった時には速やかに再発行の手続きを行うようにしましょう。

TOPへ
予約